ナム・ジュン・パイク(編集中) Nam June Paik?-白南準?

1932年韓国はソウル生まれ。朝鮮戦争を避けて来日し、東京大学で美術史と音楽史を学んだ後、ドイツで音楽を目指すが、美術分野へ転向しネオ・ダダの活動を行う。

同時にTVの改造などをはじめ、63年ドイツはヴッパータールのパルナッスギャラリーにて、TVモニターを持ち込んだ展覧会を行い、これが世界で初めてのヴィデオアートとされている。以降様々な映像表現を行い、ジョージ・マチューナスGeorge Maciunasの提唱の下、芸術運動フルクサス?Fluxus?に参加し、ヨーゼフ・ボイスやジョン・ケージらとの前衛的な表現活動を行う。 2006年1月米マイアミの別荘にてその生涯を閉じた。

ナム・ジュン・パイクのサイト: http://www.paikstudios.com/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-17 (月) 22:48:36 (5396d)